fbpx

ピコレーザー

ピコレーザーはこのような方におすすめ

  • シミが気になる方
  • 肝斑・くすみが気になる方
  • 毛穴・ニキビ跡
  • タトゥーを除去したい方

ピコレーザー施術のポイント

  • 一度の治療で効果が期待できる
  • 色素沈着などの肌ダメージが少ない
  • 従来の機器より施術時間が短い
  • ダウンタイムが短い

ピコレーザーとは

ピコレーザーとはレーザーを極めて短い時間に集約して照射することで高いピークパワーで治療を行うことが可能です。元々は金属の色素(タトゥー)を破壊するために研究開発されてきましたが、色素斑などへも効果が高く、副作用がすくないことが研究の結果明らかになり、徐々に普及してきています。

シミに対しては、ピークパワーの高いレーザー光をピンポイントで照射することで、衝撃波の作用でシミの原因となるメラニン色素に作用する治療法です。
従来のレーザーはビーム照射時間が長く、衝撃波ではなく熱の作用でメラニン色素を破壊していました。必要以上の熱が正常組織にダメージを与えてしまうことで、不必要な炎症が遷延し色素沈着を起こすリスクが高く、肌に不要なダメージを与えてしまいます。

しかしピコレーザーはメラニン色素の吸収率が高い波長で照射することで、シミやアザのような色素疾患に効果を発揮します。さらに肌全体に強いパワーで照射するのではなく、部位によっては低出力で照射するため組織の熱損傷や傷に配慮し、メラニン色素のみに働きかけます。

シミやそばかす、青あざなどの色素疾患は、メラニン色素が原因で起きる症状です。そして、シミやあざは部位によって適した照射パワーが異なります。そのため十分に知識のある医師が症状を確認し、お客様にあったオーダーメイドでの照射が効果的です。

ピコレーザーで期待できる効果

ピコレーザーで期待できる効果は下記のとおりです。

シミ、そばかすの改善・除去

シミ・そばかすは、紫外線から皮膚を守るために生成されたメラニン色素が過剰分泌されて色素沈着を起こします。しかし紫外線のほかにもストレスや加齢、睡眠不足、エストロゲンの増減なども要因となるため、発生したシミやそばかすに対して一概に明確な理由を断定することはできません。

ピコレーザーはできてしまったメラニン色素を狙って、適切な出力で照射ができます。周辺組織への影響は最小限にしながらも、メラニン色素に限定して破壊することが可能です。

レーザーによって破壊されたメラニン色素はかさぶたのようになり、皮膚の表面へ排出されます。比較的表面近くにあるものは、1〜数回で剥がれ落ちることが多いです。皮膚の深い部位にあるメラニン色素は、レーザーにより体内で分解されたあと、体外へ排出されます。

ほくろの除去

ピコレーザーで少しずつほくろを薄くし、目立たなくすることが可能です。平らであるほくろや色素の薄いほくろであれば、短時間で効果が期待できるでしょう。

皮膚を削るのではなくレーザーによってほくろを除去する治療法のため、肌へのダメージが最小限に抑えられます。比較的治療時の痛みも少ないので、麻酔なしで施術を受けられる方もいらっしゃいます。

ほくろはメラニン色素が濃いため、繰り返しレーザーを照射する必要があります。治療期間には個人差があるものの、長期になる場合もあります。ただし月に1度の施術を5〜6回行うことで、目に見てわかるような状態までになるでしょう。

あざの改善

あざはメラニンによって生成されます。皮膚表面にメラニンを生成するメラノサイトができると、あざのように見えてしまいます。ピコレーザーではメラニンに照射ができるため、あざの改善にも効果的です。茶あざ、黒あざ、青あざと呼ばれるさまざまな種類のあざへの対応が可能です。

タトゥー・アートメイク除去

ピコレーザーは色素の粒子を細かく破砕する効果があります。細かく破砕された色素は、人が本来持っている代謝機能で排泄されやすく、少ない回数でタトゥーやアートメイクが薄くなります。ただし色の深さやインクの種類などで、照射の度合いや回数などが異なります。

Andyピコレーザーについて

当院ではピコレーザー治療に「ピコレーザーAndy」という機器を導入しています。

Andyピコレーザーの特徴として、複数のハンドピースを使い分けられることが挙げられます。患者様の悩みや部位に合わせて、これらを使い分けて治療します。

なかでも HEXA MLAというハンドピースは光学屈折を利用した光学素子を使用しています。複数のフォーカシングレンズ(マイクロレンズアレイ、MLA)を組み合わせ、エネルギー強度を各ドットの中心に集中させます。

デメリット

ピコレーザーを行うことによって下記のようなデメリットが発生する可能性があります。

赤みや痛み

レーザーを照射するため、照射部位が赤くなったり、ひりひりした痛みが出たりする場合があります。基本的には短時間で収まりますが、気になる場合には保冷剤や氷嚢などで冷やすと症状が和らぎます。

水ぶくれ

肌にとって反応が強すぎた場合、まれに水ぶくれができます。水ぶくれができてすぐに破れると、炎症後の色素沈着が長引く可能性があります。その場合はクリニックへ相談し、軟膏の塗布やテープでの保護をしっかり行うなど、アフターケアを行ってください。

炎症後色素沈着

ピコレーザーの照射後1ヶ月頃、消失したはずのシミの部分が色素沈着しているように見えることがあります。

これはシミではなく炎症後色素沈着といって、レーザーなど肌に強いダメージがあった際、強い炎症として現れるものです。ほとんどは放置しても6〜12ヶ月ほどで自然に消失します。

しかし、炎症の度合いやケア方法によっては、もとのシミよりも濃い色素沈着をきたすことがあるので注意してください。炎症後色素沈着がでた場合は医師にご相談ください。

施術概要

施術時間数分から30分程度
痛みピコレーザーは他のレーザー治療に比べて痛みが少ないと言われていますが、痛みの感じ方には個人差があります。
腫れ・傷跡施術直後に軽い腫れや赤みが生じることがありますが、通常は数日以内に落ち着きます。
ダウンタイム比較的短いです。
メイク施術後すぐにメイクをすることは推奨しておりません。
再来院の目安再来院の間隔は通常4週間から6週間ですが、治療内容や個人の状態によって異なります。
注意事項施術後は直射日光を避ける、十分な保湿をする、医師の指示に従うなど、適切なアフターケアが重要です。

料金について

レーザー

ピコレーザー

スポット治療

手技料

5,000円(税込 5,500円)

〜2mm

3,500円(税込 3,850円)

2〜4mm

6,000円(税込 6,600円)

4〜6mm

9,000円(税込 9,900円)

6〜10mm

15,000円(税込 16,500円)

10〜15mm

23,000円(税込 25,300円)

15〜20mm

36,000円(税込 39,600円)

20〜25mm

48,000円(税込 52,800円)

25〜30mm

56,000円(税込 61,600円)

全顔取り放題(初回・麻酔代込)

49,000円(税込 53,900円)

全顔取り放題(2回目以降・麻酔代込)

78,000円(税込 85,800円)

ADM照射(麻酔代込)

手技料

10,000円(税込 11,000円)

2×2cm2

15,000円(税込 16,500円)

3×3cm2

22,000円(税込 24,200円)

4×4cm2

29,000円(税込 31,900円)

5×5cm2

36,000円(税込 39,600円)

タトゥー・アートメイク除去

手技代(局所麻酔代込)

15,000円(税込 16,500円)

1×1cm2

15,000円(税込 16,500円)

3×3cm2

23,000円(税込 25,300円)

5×5cm2

39,000円(税込 42,900円)

10×10cm2

52,000円(税込 57,200円)

15×15cm2

68,000円(税込 74,800円)

20×20cm2

89,000円(税込 97,900円)

30×30cm2

116,000円(税込 127,600円)

眉(片側)

24,800円(税込 27,280円)

アイライン(片側)

14,800円(税込 16,280円)

トーニング

全顔

1回

12,800円(税込 14,080円)

5回

59,000円(税込 64,900円)

首・ワキ・手の甲

1回

9,800円(税込 10,780円)

5回

39,000円(税込 42,900円)

デコルテ・背中上

1回

24,800円(税込 27,280円)

5回

88,000円(税込 96,800円)

フラクショナル治療

全顔

1回

24,800円(税込 27,280円)

5回

109,000円(税込 119,900円)

鼻頬

1回

16,800円(税込 18,480円)

5回

78,000円(税込 85,800円)

1回

22,900円(税込 25,190円)

5回

108,000円(税込 118,800円)

無料カウンセリングはこちら

WEBでのご予約
お問い合わせ

メールの場合は返信に
2~3日かかる場合がございますので、
お急ぎの方はLINEでお問い合わせください。

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。
こちら】からダウンロード頂き、ご記入捺印のうえご持参ください。