fbpx

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

瞼がうまく開かない状態のことを指します。眼瞼下垂になると、視野が狭くなるだけでなく、眠そうな表情に見えてしまうという見た目の問題も生じます。後天性の眼瞼下垂は原因によって二種類に大別することができます。

1つは瞼を開ける筋肉やその筋膜がダメージを受けて目が開かなくなる腱膜性眼瞼下垂です。腱膜性眼瞼下垂では上眼瞼(うわまぶた)の動きが正常ではなくなってしまい「目の奥が痛い」「眼精疲労」「肩や首がこる」「片頭痛」「歯ぎしり・食いしばり」ひどい場合は「自律神経失調症」など体に様々な不調な症状を発症する状態をいいます。随意筋である眼瞼挙筋を代償して交感神経支配のミュラー筋が開眼を補助しようとした結果、交感神経系に傾くことによって種々の症状が生じると考えられています。

もう一つは「偽性眼瞼下垂」とも呼ばれていおり、目を開ける機能にこそ問題はありませんが皮膚自体が余ってしまい、目の上を余った皮膚が覆い被さることによって目の開きが悪くなるものです。
診療を通して目の開きが悪い方の瞼をみていますと、これらの両者が混ざり合った病態が多く見受けられます。どちらの病態が主になっているかを見極め、適切な治療を受けることによって視界や目の開きなどといった整容面での改善を期待できます。

おすすめの方

多くは腱膜性の眼瞼下垂症と上眼瞼皮膚弛緩症が混在しています。適切な術式の決定には医師の診察が必要です。きちんと診察をしてくれるドクターを選びましょう。

当院の眼瞼下垂手術

当院では眼瞼下垂手術として、下記を取り扱っています。

・挙筋前転術(デカ目術)
・挙筋前転術+ROOF切除
・眉毛下皮膚切除(眉下切開)
・眉毛下皮膚切除+ROOF切除
・重瞼線切開法
・重瞼線切開方+ROOF切除

挙筋前転術(デカ目術)

挙筋前転法とは、まぶたを上げる眼瞼挙筋を縫い縮めることや位置を変えることで目を大きくするという、メスを入れずに目を開きやすくする施術法です。

まぶたの裏にある眼瞼挙筋と瞼板を糸で固定することで、目の開きを改善します。また糸で固定された眼瞼挙筋と瞼板が、目を開けるとともに引き上げられることで、皮膚が折り畳まれて二重となります。

切開の必要が無いため、ダウンタイムや痛み、腫れもほとんど無いのがメリットです。
この施術法は下記の方におすすめです。

・目を大きく見せたい方
・綺麗な二重になりたい方
・まぶたが垂れ下がり視界が遮られている方

眉毛下皮膚切除(眉下切開)

眉毛下皮膚切除とは上まぶたのたるみを取り除き、皮膚のたるみで小さく見えてしまう目を大きくみせる施術法です。

眉下のたるみが進行すると、目が開きにくくなったり、無理に目を開こうとして額にシワが寄ってしまったりします。そういった眉毛の下の余分な皮膚を部分的に切除し縫合することで、たるみをなくしすっきりとした印象のまぶたになります。さらに脂肪を除去し、まぶたの厚みや腫れぼったさを解消することも可能です。

この施術法は下記の方におすすめです。

・上まぶたが厚く、腫れぼったい方
・まぶたのたるみにより視界がさえぎられている方
・加齢によるまぶたのたるみが気になる方

重瞼線切開法

たるんでしまった皮膚を二重ラインに沿い、二重より上の部分で取り除くことで目元をすっきりとさせる施術方法です。一重の方の場合は、まつ毛より数ミリ上の位置で皮膚を切除します。これにより目の外側の皮膚のたるみが解消されます。

この施術のメリットは、傷が二重のラインの中に隠れるので施術痕がわかりづらいことです。デメリットとしては術後まぶたが厚ぼったく見えがちなことがあげられます。

この施術法は下記の方におすすめです。

・上まぶたの皮膚が気になる方
・傷跡が見えない手術を希望する方

デメリット

目の下のたるみ治療で起こりうるリスクは下記のとおりです。

・腫れ
・内出血
・むくみ

施術内容によってはメスを入れることもあるため、ダウンタイムの時間や副作用には個人差があります。必要に応じて抗生剤や内服薬、点眼薬などを処方します。

施術概要

施術時間眼瞼下垂1時間程度です
痛み麻酔すればほとんどございません
腫れ・傷跡1週間程度です
ダウンタイム1週間程度です
メイク1週間後から可能です
再来院の目安1週間後を推奨しています
注意事項・妊娠中、妊娠の可能性のある方や、授乳中の方、疾患がある方などは施術を行えません。事前に医師に確認をしてください
・以前美容整形を行ったことのある方は、事前にご相談ください
・術後のメイクは可能ですが、部位を強くするのはお控えください
・術後は肌が敏感になったり。乾燥しやすくなったりしているため保湿や日焼け止めをしっかり行ってください。

料金について

眼瞼下垂(上瞼のたるみ)

挙筋前転術(デカ目術)

通常料金

380,000円(税込 418,000円)

モニター料金

340,000円(税込 374,000円)

挙筋前転術+ROOF切除

通常料金

460,000円(税込 506,000円)

モニター料金

400,000円(税込 440,000円)

眉毛下皮膚切除(眉下切開)

通常料金

240,000円(税込 264,000円)

モニター料金

190,000円(税込 209,000円)

眉毛下皮膚切除+ROOF切除

通常料金

300,000円(税込 330,000円)

モニター料金

250,000円(税込 275,000円)

重瞼線切開法

通常料金

300,000円(税込 330,000円)

モニター料金

240,000円(税込 264,000円)

重瞼線切開方+ROOF切除

通常料金

360,000円(税込 396,000円)

モニター料金

320,000円(税込 352,000円)