fbpx

お知らせ

News
お知らせ

キャンペーン

2月キャンペーン【ピコレーザー】

夏の日焼けがシミになる前に!

シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びることによって肌の奥で生成が始まります。紫外線を浴びた後の3~4日目からメラニンは増え始めると言われています。

「こんなハズじゃなかった…」と後悔しないためにも、日焼けをそのまま放置しないようにレーザー治療のメンテンスを行っていきましょう!

ピコレーザーとは

ピコレーザーはシミやくすみなどに効果が期待できる治療機器です。照射時間の短いレーザーを用いることで、皮膚のダメージや痛みを抑えられます。

ポイント①ダウンタイムが短い

これまでのナノレーザーと比較して、1兆分の1秒という極めて短い時間でのピコ秒照射は、照射箇所からの熱の拡散を防ぎます。これにより、皮膚組織へのダメージを最小限に抑えることができます。その結果、痛みの軽減やダウンタイムの短縮が実現可能となります。

ポイント②少ない回数で治療できる

ピコレーザーはこれまでのレーザー技術に比べ、メラニン色素粒子をより精密に分解できます。色素が細部にまで分解されることで体から排出しやすくなり、治療を少ないセッションで完了したい人には理想的な選択肢です。

ポイント③幅広い治療が可能!

当院のピコレーザーではスポット照射・トーニング照射・フラクショナル照射の3つの照射モードがあり、これらを使い分けることで、一人ひとりの肌の悩みに合わせた治療を行うことができます。しみ・くすみ・小皺に対してトーニングを行い、毛穴治療や肌質改善に対してフラクショナルをそれぞれ同時に行うピコダブルはお肌再生のメンテナンスとして特に人気の治療です。

スポット照射
適用:シミ・ADM・タトゥー除去・アートメイク除去

数ミリのはっきりとしたシミの治療に適した施術です。一度かさぶたになり、10日程度で剥がれます。

ピコトーニング
適用:肝斑・くすみ・赤み・毛穴・小じわ

弱い出力のレーザーを顔全体に照射する治療です。肌全体のトーンアップとくすみ除去に有用です。

ピコフラクショナル
適用:毛穴・小じわ・ニキビ跡・肌質改善

肌に細かな孔を無数に空ける治療です。毛穴やニキビ跡治療に用いられます。

ピコダブル(トーニング+フラクショナル)

しみ・肝斑・くすみ・小皺に効果のある「ピコトーニング」と、毛穴・ニキビ跡・小皺・肌質改善に効果のある「フラクショナル」を同時に照射する治療法です。これらの治療を同時に行うことでお肌の強い若返り効果が期待できます。

効果的な併用治療

施術後の肌状態に最適な温度で薬剤を導入するケアシスや外用薬のハイドロキノンとの併用もおすすめです。

施術ポイント

推奨回数ピコスポット:2〜3ヶ月毎に1〜3回
ピコトーニング:2週間〜1ヶ月毎に5回以上
ピコフラクショナル:1〜2ヶ月毎に3〜5回
ダウンタイムダウンタイムは非常に短いですが、ピコフラクショナルのみダウンタイムが3日〜5日程度あります。
副作用・リスク治療後は赤みが24時間程度出現いたしますが、長くても2~3日程度で落ち着きます。
術後の過ごし方当日は激しい運動や発汗するようなヨガ・サウナ・飲酒等はお控え下さい。またシャワー浴のみで、入浴は翌日以降からお願いいたします。

症例写真

施術費用

スポット全顔当て放題(全顔)+お試しトーニング

通常料金70,180円(税込)
キャンペーン料金40,000円(税込)

お試しトーニング1回

通常料金14,080円(税込)
キャンペーン料金9,900円(税込)

お試しピコダブル(トーニング+フラクショナル) 1回

通常料金41,360円(税込)
キャンペーン料金29,000円(税込)

担当医師

院長

土田 諒平

RYOHEI TSUCHIDA

経歴

京都大学工学部物理工学科卒業
奈良県立医科大学医学部卒業
ハーバード大学医学部Joslin Diabetes Center留学
奈良県立医科大学附属病院 勤務
近畿大学奈良病院 勤務
天理よろず相談所病院 勤務
東京美専クリニック 開業

無料カウンセリングはこちら

WEBでのご予約
お問い合わせ

メールの場合は返信に
2~3日かかる場合がございますので、
お急ぎの方はLINEでお問い合わせください。

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。
こちら】からダウンロード頂き、ご記入捺印のうえご持参ください。